学習法

本日の推薦図書

前回の直前期は理科社会!の続きです。

突然ですが、冒頭は推薦図書です。

ご存知、旺文社様より名著

受験生の50%以上が解ける落とせない入試問題 シリーズ

https://www.obunsha.co.jp/product/series/b013

各県の教育委員会が公式に発表している、公立入試の問題の正解率を基に作成された問題集です。

正解率を発表している県と、そこまで行っていない県があります。香川県は…(^^;;

内容

見開き2ページセットで、

1ページ目ー単元ごとの例題

2ページ目ー問題演習

全ての問題に、過去に受験生が解いた際の本当の正解率が載っています。

狙いが的確で、住んでいる県に偏らずに準備できる一冊であり、

・問題集買わせて丸ごと解かせ、大盛り授業プランを組み、何となく合格させる塾

・講師が「肌感覚」という乏しい根拠に頼って授業プランを組んでいる塾

・うちの塾の講師が作ったオリジナルテキストガー!既製品に頼るのはプライドガー!矜持ガー!

という類の塾を駆逐しかねない一冊です。

特に最後のケースの塾、著作権アウトかつ、編集ミスで塾生の思考を妨げます。

さて、魁では、この時期このシリーズを購入してもらって、入試日前まで逆算で解いてもらっています。

受講生の方が納得感というか、痒いところに手が届いている感があるようです。

各問題自体は、50%超の正解率だけあって、ハマり込まずにサクサクと進めて行けるのが長所の一つです。

受験前に自信もつきますし。

あと10日くらいなので、買ってサクサクやるのにちょうど良いタイミングですね!

(解き終わらないと最悪なので、それだけはご注意を)

50%なんて余裕!

もっと歯応えのある問題が解きたい!という上位チャレンジャーの貴方は、こちらをどうぞー。

受験生の50%以下しか解けない差がつく入試問題 シリーズ

https://www.obunsha.co.jp/product/series/b014

選りすぐりのゴツい問題さんたちがお待ちかねですよ。

(買ったからには解き終わることです)

ホッホッホ。私の正解率は9%です。

もう間に合わんと言う受験生は、バタつかないことです。

特に歴史の教科書の写真、絵画、ラストの年表を隙間時間に見るだけで効果があります。

ヒゲの偉人たち。意外とお子さんたちは混ざるようです。

間違っても暇潰しでゲーム始めないように、それは落ちます。

(肌感覚ですが、確信があります)

ABOUT ME
sakigake2020
意外と若いおじさんです。 元某塾教務部部長。 香川県高松市在住。 とてつもなくいい人です。 Twitter @sakigake2020 LINE公式 @skj2020 県立高校受験と私立中学受験を10年超指導。 校長を務め、卒業生の第一志望校合格率は94%でした。 プロ家庭教師として、高松市に2021年春開業。 伝説的な「教育県」である香川県にて、持てる技術をフル活用して指導中。 このブログ記事で、お子さん&保護者さんに向け、今想うことを発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

9 − seven =